IKEAのタイマークロックをプチ改造する(よい子はマネしちゃだめよ)

無頼庵老師である。

IKEAに棚を探しに行ったときにカッコいいタイマークロックを見つけた。実は会社のデスクで使えるタイマーを探していたのでドンピシャなのじゃ。

このタイマークロック、回転させると機能が切り替わりバックライトも違う色になる。
字で書くと分かりにくいので、こちらの連続写真を見てね。

タイマー1
タイマー2
タイマー3
タイマー4
タイマー5

LEDで変わる色も美しいし、シンプルなデザインだし、時計、温度計、タイマー、アラームもついて、めっちゃイイ!
価格を見たら、、

¥299(税込)

あ、ありえない…orz
ということで即購入したのじゃ。

はい、こちらが商品紹介Web
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/80305709/

会社で使う予定じゃったが、1つ難点を見つけた。
それはアラーム音がかなり大きいこと

キッチンタイマーとしてはアラーム音が大きくてとてもよいのじゃが、静かなオフィスで使うにはあまりにも音がおおきいのである(^^;

ケースに開いたサウンドホールを手でふさいでも全然音が小さくならない。なら分解してブザーをいじくってみよう!、アレコレ試したが残念ながら分解もできない。

なんとか音を小さくする方法はないか、と電池蓋のすきまから中の部品の様子をうかがうと、共鳴ケースに入ったブザーが見えた。

圧電ブザーってなに?とわからないのが普通じゃのう。
圧電ブザー自体は次の写真を見てくれたまえ。薄い金属板の両側にセラミックの電極がついておるのじゃ。
圧電ブザー単体

共鳴ケースに入った姿はコチラ。
これが時計の基盤にくっついているのじゃよ。
圧電ブザーケース入り

ふっふっふ。いいことを思いついたぞ(^^;
共鳴ケースの中央部分にはギターのホールと同じく音を拡散させる穴が開いておる。ここから何らかの棒を差し込み、圧電ブザーを押さえつけて音を小さくしてしまおうというアイデアである。
ふつうのスピーカーを手で押さえると音が小さくなるでしょ、ちょうどそんな感じにしてしまおうという訳じゃ。

圧電ブザーの真後ろの背面ケースには音を出すために何個も穴が開いておる。
タイマー6

この真ん中の穴からピンと伸ばしたクリップの鉄棒を差し込んでみたら、、、ドンピシャで共鳴ケースの穴に到達した!
タイマー7

少々押さえながら音を出してみると、

ピピピピッ  が、


ピピピピッ

まで小さくなったっ!!

これなら静かなオフィスでも使える!。差し込んだクリップをテープで留めて完成~\(^o^)/
このタイマー、現在ワシのデスクで時計、温度計、タイマーとして日々活躍中じゃ。

でもね、こんなことをするとタイマークロックが壊れてしまうこともあるので、よい子はマネをしないでね
(^^ゞ

 

2015年6月2日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA