略語

  • 無頼庵老師である。
    先日、雑誌の記事を読んでいたら「全社員BYODにする」という一文が目に入った。

    BYODとは?、ビョードとでも読むのかな??

    VOIDなら「無効」という意味で、使用済みの通帳や期限切れのパスポートに「VOID」の形に点々の穴をあけるというのもあった。そういえば太古のネットニュースFJ(From Japan)にVOID氏というFJ最強の怪人も出没しておったのう(古い話でごめん(^^ゞ)

    早速調べてみると、BYODの意味はすぐ分かった。

    BYOD=Bring Your Own Device、あなた自身のデバイス持ち込み、つまり会社の場合なら社員の私用端末を職場のネット環境に繋ぐことじゃ。

    読み方は「ビー・ワイ・オー・ディー」。アメリカ人はJALも「ジェー・エー・エル」アルファベット読みすることが多いので、読み方に迷った時はアルファベットで読で置く長無難な選択かも。
    ウィキペディアによれば。BYODの語は、海外のレストランで酒の持ち込みを許可するという意味のレストラン用語(BYO、Bring Your Own)から来ているとのこと。

    ちょっと前の企業のIT担当は、会社支給のPCもセッティングや通信系のソフトまで一律のもの以外は認めないのが大半で、昔のワシはMacユーザーだったので管理できないため完全に「敵」とみなされておった(笑)。今はサーバもストレージもクラウドになったりと、かなり変化してフレキシブルに対応できるようになったが、それでも社内ネットワークに個人端末を接続させるのは管理者側としてリスクが高く敬遠されておる。

    世界の情勢を見ると、日本ではBYODを許可している企業が13%(トレンドマイクロ’12年6月調査)に対して、アジア・オセアニアは韓国の96%を筆頭に中国が94%(ヴイエムウェア社調査)、ヨーロッパでは50~70%(アルバネットワーク社調査)、米国政府の調査では、62%の省庁がBYODを認めており実際に4割の職員がBYODを使用しているとのことじゃ。

    世界の趨勢はBYODに流れておるのじゃね。
    確かに社員や職員の持つ最新のIT機器で接続できるほうが現場の生産性が上がるのは確かであると思う。しかし、情報管理、社内/校内ネットワークのセキュリティ、あらゆるOSに対しての環境の用意、仕事利用が原因で故障した社員の個人端末の保証など課題を考えるときりがない。

    8割以上の利用者の利便性や生産性アップを取るか、セキュリティや安全性を重視するのか、企業側の考え方ひとつでBYODを採用するかが決まってくると思う。

    ワシ個人としては、8割のメンバーが望み効率化が図れるのであれば、例えばメールの送受信のように限定的でかまわないのでBYODを認めるべきと思う。確かにセキュリティ問題はあるのじゃが、セキュリティは永遠に十分といえるものが出来ないものであるので、多くの利用者の利便性を上げることでより生産性を高めるほうが利益を追求する企業として選ぶべき道であると考えておる。生産性が上がればセキュリティを強化するための費用も出せるしね(笑)。

    ITの世界では、セキュリティと効率化の話は永遠の課題であるのう。

    <参考>
    ウィキペディア「BYOD」

     

  • 無頼庵老師である。

    部内の設計部門よりメールがあり、部品メーカーにMOQを提示しないといけないのだが、幾つにすべきか?問い合わせのメールが来た。

    MOQ = モッキュ??

    一体なんのことやら?、もしかしてMJQ=モダン・ジャズ・クァルテットの親戚じゃろうか?(こらこら)
    部内でも最古参のワシなので、メールを送った担当しに「モッキュってなに?」などとは非常に聞きにくい(あせ)。ジジイなのじゃから、立場なんて気にしなくてもいいじゃん!とお思いのあなた、それは正しい。でも聞けないのである(笑)

    そんなときに登場いただくのは、やはりGoogle先生である。早速ググってみた。

    MOQ = Minimum Order Quantity
    (ミニマム・オーダー・クオンティティ)= 最低発注数量

    この最低発注数量は主に貿易で使用する用語・略語なのだそうである。
    モノづくりに関わってウン十年、生産現場より開発や企画に近いところで仕事をしてきていたので生産や貿易に近い用語には縁が遠く知らないまま過ごしておったのじゃ。

    自分の専門分野と思っているモノづくりの世界でも、知らないことが沢山あることを思い知りました。
    生涯学んでいきたいと思うのであります(^-^)。

     

  • 無頼庵老師である。

    以前に紹介していた「ロコモティブシンドローム」(通称:ロコモ=運動器症候群)、これが思いのほか流行って?おるようじゃ。

    サロンパスでお馴染みの久光製薬のCMの最後に

    「ロコモティブシンドローム」啓発運動を応援しています

    というメッセージが流れておるので、気がついたのじゃ。
    気になって調べてみると日本整形外科学会公認のロコモチャレンジ!というWebにたどりついた。

    ロコモ チャレンジ!
    https://locomo-joa.jp/

    ロコモについての説明から、自身のロコモ度チェックなど大変充実しておる。
    この中にある「ロコモ度チェック」を試してみた。

    その1つ目は、座った状態から立ち上がるチェックじゃ。
    なーんだ簡単じゃん!、さっそくチャレンジ。

    座った状態から両足で立つというものであるが、座面の高さ20cmから両足立ち出来ることがクリア条件じゃ。
    これは難なく出来た。

    実はこの次が大変なのじゃ(^^;
    座った状態から浮かした足は前に伸ばしたままで片足立ちするのじゃ、立ったあとは3秒間その場に留まる必要がある。しかも座面の高さ40cmや20cmでやるとのこと。20cmのチビ椅子がなかったので40cmで試してみたのじゃが、
    これが結構キツい(^^;。これが出来ないとロコモ度1となるそうじゃ。
    青梅マラソン完走者がキツいとなると、普通のシニアの方は難しいのではなかろうか。あ、若い方でもロコモ度1になる可能性大である(笑)。

    他のページにあるロコモ度チェックリストよりだいぶ厳しい判定となるかも。シニアの方は、こっちでロコモ度を
    測るほうが良いと思う。

    ロコチェック
    https://locomo-joa.jp/check/lococheck/

    逆にコレで1個でもチェックがつくと、それだけでまずい気もするのじゃ。詳しくはリンク先を御覧あれ。
    この他にも2ステップチェックなどロコモ度テストがあるので、体力の衰えが気になる方は測ってみることをおすすめする。

    なにはともあれ、健康が一番である。
    適度な運動に励んで体力の衰えを少しでも抑えて健康なジジイでありたいのう(^-^)