フリクションの3色ペンと4色ペンのどこがちがうのか?

■文房具大好き!
フリクションの3色ペンと4色ペンのどこがちがうのか?

無頼庵老師である。
お仕事人御用達の消せるボールペン「FRIXION(フリクション)」、ワシも愛用しております(^-^)。

現在の愛用フリクションは、3色タイプ。実は多色タイプは3本目なのじゃ。1本目の黒い4色タイプは会社で見当たらなくなった。2本目の濃いブルーの4色タイプはペンケースごと紛失…orz。現在のシルバータイプは3色にして安く買ってみた(^^ゞ

ところが、である。
なんと会社の置き上着のポッケから現れたのじゃ、黒い4色タイプペンが(^◇^;)

そして2種類の多色ペンを手にしたとき、ふつふつと疑問がわいてきた。
フリクションの3色と4色のボールペン、いったいどこが違うのじゃ??

早速比較してみよう!

まずは外観。

ほとんど違いはない。

さすがに上から見た姿は違うのうw

そしてペンの表記を見ると、

4色は0.5mm、3色は0.38mmのペン軸が入っていることが分かる。でもワシは0.5mmのインクの減りが早いのですでに0.38mmに変えてあったりして(笑)

3色と4色の機構以外特に違いがないようなので胴体を入れ替えてみた。
どうということなく入れ替えられる(笑)、まー当然といえば当然じゃよね。
他に外れるパーツは……お、イレーサー(消しゴム)も交換できそうだな。

ということで下側の軸とイレーサーを入れ替えた写真がこれ。

両方の違いはクリップのところのシールくらいで何でも共用可能なのがわかった(笑)
ということは、、、

結果:フリクションの3色、4色ペンは、多色ペンのメカ部分以外同じ!

交換ペン軸は先に上げたように、3色、4色タイプとも「フリクションボール スリム・多色タイプ」であれば使用可能じゃ。ペンのタイプによって交換リフィルにも違いがあるのでご注意を!

ちなみに。フリクションボール スリムの単色タイプであれば、同じ多色タイプのリフィルが使えるので、多色タイプファンでも1本は持っていてもよいかも。
こちらがその単色タイプのグリーンじゃ。

2016年12月20日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA