Bluetoothウォッチを買ったのじゃ\(^o^)/ その1

無頼庵老師である。

以前「世の中…」で取り上げた、G-SHOCKのBluetoothウォッチをついに買ったのじゃ\(^o^)/

カシオが出したGB-5600Bというモデルである。
このBluetoothウオッチでやりたかったことは、スマホで聞くラジオや音楽のボリューム調整じゃ。この冬の時期、スマホをスーツのポケットにしまっているため電車内や歩行中にコート⇒マフラー⇒スーツとかなりの障害を越えないと手がスマホのボリュームにたどり着かないからなのじゃよ(^^;

それならapple純正のヘッドフォンについているタッチパッドで調整できるでしょ!とツッコミを入れたくなったアナタ、鋭いのう。
でもワシにはそれができない都合があるのじゃよ。市販のヘッドフォンが使いたいという理由に加えて、あの純正ヘッドフォンは世界標準の大きさのため耳の穴が小さ目のワシがつけていると15分ぐらいで耳が痛くなってしまうのじゃ(T-T)

ということで、スマホが操作できるワイヤレス機器が欲しかったのである。

なぜGB-5600Bを選んだのかを説明しよう。
このBluetoothウォッチが「時計」であることじゃ。しかもG-SHOCKである!
すでに10種類程度のスマートウォッチが出ておるのじゃが、それはどれも「腕に着けるスマホ」である。そう、ほぼ毎日充電が必要なのである。GB-5600Bは毎日使っても最低でも1年は電池が保つようになっておる。この違いはワシにとっては大きい。充電し忘れて腕時計として機能しなくなるということがないのである。無精者のワシにはぴったりじゃね(笑)。

そして、もうひとつの大きな理由がG-SHOCKであること。一番オーソドックスな5600型なので今の時代だとスーツでもさほど違和感もないでデザイン性もよい。そのほかのスマートウォッチが持っている”合ってない”感が感じられなかったからじゃ。もちろんワシがG-SHOCK好きだということもある(^^ゞ

あれこれやりたいわけではなく、腕につけて操作したいことが決まっていたのでワシはこの時計で十分と思い選んだ次第である。

で。。。
実際に使った感想は次回にお届けしますぞ。

 

2014年12月30日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA