暮らしで困った

  • 無頼庵老師である。

    すでに愛用を続けておりますが、、、新しいモバイル端末を買ったのであります(^-^)

    普段私用に使っているVAIO Z、中古で買ったのが祟ったのかRAID0で内蔵されているSSD2基のうち1基がお亡くなりになり、突然動かなくなってしまったのである(号泣)。やっぱりSONYタイマーの伝説は生きていた!

    #何を言っておるのかわからない方、要はパソコンが壊れてどうにも動かないということであります(笑)

    普段からモバイルで原稿を書いたり仕事をしておるため、モバイルPCがないのはワシにとって携帯電話がないよりキツいのじゃ。そこで新規PCを買うことにした。

    買うための条件はこういうものじゃ。

    1.モバイルするので軽いこと
    2.なるべく電池が保つこと
    3.頑丈なこと
    4.できるだけ今の執筆・作業環境を活かせるもの
    5.お小遣いで買える

    この時点で自宅ではモバイルPCが3台あった(^-^;
     ・SONY VAIO T(XP)
     ・東芝 NB100(XP)
     ・LENOVOのThink Pad X90(Win7 32bit)

    さすがにXPを使うのははばかられるのでThink Padを使おうかと思ったのだが、こいつは実に頑丈な分、分厚くて矢鱈と重たいため自宅待機となった経緯があるのじゃ。

    古いXPマシンのうち東芝のネットブックはそのうちUbuntu(Linuxの一種)を入れて復活させようかと思っておる。VAIOはハードの癖が強すぎて使い回ししにくいのでこのまま置物になっちゃうかも ゞ(^-^;

    こうして条件を出して考えたところ、候補に上がったのは、、、

    1)VAIOの軽いモデル
    2)Macbook Air
    3)WindowsタブレットPC+キーボード
    4)Androidタブレット+キーボード
    5)Chrome Book

    以上の5点である。
    1)のVAIOの軽いモデル、2)Macbook Air は十数万とお小遣いの範囲を超えてしまう。中古というセンもあったのじゃが、特にVAIOの中古でクラッシュしたばかりであったので候補から落とすことにしたのじゃ。

    お小遣いという最大の難関のクリアしたのは次の3つ。

    3)WindowsタブレットPC+キーボード
    4)Androidタブレット+キーボード
    5)Chrome Book

    さて、どれを選ぶか?、次回のココロである!

     

  • 無頼庵老師である。

    先日たまたま見学した切手が趣味の皆さんが集まる「スタンプショウ」、こちらで耳慣れない名前を聞いた。

    それは

    カシェ と FDC

    それは一体なんじゃろうと調べてみたら、切手の初日カバー封筒のことであった。綴りは「Cachet」である。おお、なんかフランス語っぽい綴りじゃのう、ってフランス語なんだから当り前か(笑)
    その初日カバーというものが分からないのが普通じゃと思う(笑)、たまたまワシは昭和の切手少年の生き残りなのでそれが何かは理解できた。それは郵便切手が貼られてその切手の発行日当日の消印が押された封筒のことじゃ。この封筒を記念切手に合わせて発行している業者さんもいらっしゃる。
    売っているものを使う以外に、自分でカードを用意してもOK。

    カシェとFDCの違いであるが、カシェはフランス語語で封筒、FDCはFirst Day Coverなのじゃ。
    FCとかFDと聞くとメチャ早そうと思ってしまうのはロータリーエンジン好きの走り屋であろう(笑)

    さてそのカシェ、
    そういえば亡くなったワシの父が切手を集めていたのを思い出し、きっと実家のどこかにある!と思って少々家探ししてみたら、、、見つけましたわい(^-^)。

    はい、これがそのカシェ/FDC/初日カバーの現物じゃ。
    カシェ実例

    ううむ、これらは高値で売れるかも?

    と言いたいとろろじゃが・・・
    スタンプショウではワシを日本郵便の社員と間違えたお姉さまから、切手をたくさん集めたのに値下がりしたじゃない、どうしてくれるのよ!と文句を言われたので、売ってもたいしたことがないようである(あせ)

    でも切手だから額面の金額にはなるんでしょ!?と思うアナタ、はい残念でした~(笑)
    カシェは消印が押されているので、有価証券としての価値がないのである。実家で見つけたカシェの束はわが父の思い出として取っておくのが無難なようじゃ。




     

  • 無頼庵老師である。

    IKEAに棚を探しに行ったときにカッコいいタイマークロックを見つけた。実は会社のデスクで使えるタイマーを探していたのでドンピシャなのじゃ。

    このタイマークロック、回転させると機能が切り替わりバックライトも違う色になる。
    字で書くと分かりにくいので、こちらの連続写真を見てね。

    タイマー1
    タイマー2
    タイマー3
    タイマー4
    タイマー5

    LEDで変わる色も美しいし、シンプルなデザインだし、時計、温度計、タイマー、アラームもついて、めっちゃイイ!
    価格を見たら、、

    ¥299(税込)

    あ、ありえない…orz
    ということで即購入したのじゃ。

    はい、こちらが商品紹介Web
    http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/80305709/

    会社で使う予定じゃったが、1つ難点を見つけた。
    それはアラーム音がかなり大きいこと

    キッチンタイマーとしてはアラーム音が大きくてとてもよいのじゃが、静かなオフィスで使うにはあまりにも音がおおきいのである(^^;

    ケースに開いたサウンドホールを手でふさいでも全然音が小さくならない。なら分解してブザーをいじくってみよう!、アレコレ試したが残念ながら分解もできない。

    なんとか音を小さくする方法はないか、と電池蓋のすきまから中の部品の様子をうかがうと、共鳴ケースに入ったブザーが見えた。

    圧電ブザーってなに?とわからないのが普通じゃのう。
    圧電ブザー自体は次の写真を見てくれたまえ。薄い金属板の両側にセラミックの電極がついておるのじゃ。
    圧電ブザー単体

    共鳴ケースに入った姿はコチラ。
    これが時計の基盤にくっついているのじゃよ。
    圧電ブザーケース入り

    ふっふっふ。いいことを思いついたぞ(^^;
    共鳴ケースの中央部分にはギターのホールと同じく音を拡散させる穴が開いておる。ここから何らかの棒を差し込み、圧電ブザーを押さえつけて音を小さくしてしまおうというアイデアである。
    ふつうのスピーカーを手で押さえると音が小さくなるでしょ、ちょうどそんな感じにしてしまおうという訳じゃ。

    圧電ブザーの真後ろの背面ケースには音を出すために何個も穴が開いておる。
    タイマー6

    この真ん中の穴からピンと伸ばしたクリップの鉄棒を差し込んでみたら、、、ドンピシャで共鳴ケースの穴に到達した!
    タイマー7

    少々押さえながら音を出してみると、

    ピピピピッ  が、


    ピピピピッ

    まで小さくなったっ!!

    これなら静かなオフィスでも使える!。差し込んだクリップをテープで留めて完成~\(^o^)/
    このタイマー、現在ワシのデスクで時計、温度計、タイマーとして日々活躍中じゃ。

    でもね、こんなことをするとタイマークロックが壊れてしまうこともあるので、よい子はマネをしないでね
    (^^ゞ

     

  • 無頼庵老師である。

    先日新幹線でお出かけした際に感じたのが、、、
    『スマホやケータイの電池消耗が異常に速くなる』ことじゃ。

    ワシはiPhoneとWILLCOM(あ、Y!モバイルになったんだっけ(^^;)PHSの2台持ちしておるじのじゃが、
    普段は終日電池が持つiPhone、2日は大丈夫なPHSが、4時ごろ東京に戻ったときにiPhoneは30%、PHSは電池1本まで減っておった。

    ここまで減ってしまうのは、新幹線で高速移動しているため次々と切り替わる基地局を探しまくるためではないかと想像して調べてみると、その通りであった。特にPHSは基地局間隔がスマホより短いのでより影響を受けるわけじゃね。

    一番の対策はないかとネットを検索しまくったのであるが、残念ながらコレダ!というものはなかったのう(^^;

    以上じゃ、おしまい! 。。。ゞ(^-^;コラコラ

    というわけにいかないのでワシの考える新幹線対策をいくつか書いてみようと思う

    1.電源を切って読書や睡眠を楽しむ
    2.iPhoneを機内モードにして留守電に任せる

    どっちも素晴らしい方法じゃがネットも電話も意味がないのう(^◇^;)

    3.Y!モバイルなどで出しているWiFiルータにつなぐか、新幹線内で使えるWiFiサービスを使う

    4.指定席を必ず窓側を取って電源を確保する

    5.スマホ用持ち歩き充電器を用意する

    3.のWiFiルータ利用も悪くないのじゃが、出費がかさむ。ネットと電話両方を使いたいのであれば、4,5の電源確保ぐらいしか方法はないと思う。ワシの使っているUSB電源を兼ねたモバイル充電器は小さくて良いのじゃがiPhoneを15%くらい充電して力つきてしまうので、スマホ用にはモバイル充電器にはそれなりの大きさが必要じゃと思う。

    機器が軽くモバイル向きになって軽くなっておるが、電源の持ち歩きで重さが増してしまうっての本末転倒なところもあるのう(^^;

    WindowsノートとMacノートで5kg以上の荷物を持ち歩いていた20年くらい前から比べればマシにはなったが、いつの時代もモバイルは大変じゃね(^◇^;)

     

  • 無頼庵老師である。
    子供のころに無線機を自作していて事故に遭ったときの話じゃ。

    # No.1が消えてしまっておりますが、この話はNo.2としておきます。

    ワシが子供ころは、トランジスタは普通に買えるくらい普及しておったが世の中の電子機器の主流は真空管であった(^^;。なにせワシたち子供が信奉する鉄腕アトムだって原子炉を持っているくせに演算装置の主要部品は真空管じゃったからのう(^◇^;)

    ということで、ラジオ少年…今ならパソコン少年が近い存在かのう…かつアマチュア無線少年であったワシは部品が大きくて作りやすい真空管のラジオや送信機作りを楽しんでおった。別にすごくないのじゃよ、世の中には少年たちのためにラジオや無線機の自作のための本もたっぷりあって、そーゆーのを見ながら小遣いをためながら作っていたのである。

    自作のAMラジオを改造してアマチュア無線で使える短波受信機を作っていた時のこと。
    本の通りに作ったのじゃが、ノイズが乗ってちゃんと鳴らない。どこがミスしているのかテスターで確認したのじゃがよくわからなかった。

    仕方がないので電源を入れて鳴らしながら調整をすることにした。真空管式の受信機なので当然のごとくAC電源で動いておる。
    受信機はアルミパネルが立っているだけで後ろはがら空きである。そのアルミパネルにチューニング用のバリコンという部品とスピーカーが取り付けてある。

    あれこれ考えながら裏側から各部品の取り付け状態をみていたとき、左手の小指がスピーカーの端子に触れてしまった。

    バチンッ!

    小指と端子の間に火花が飛び、その瞬間自分の心臓がギューーーーっと収縮するのを感じた。
    ワシはショックでその場に転がってしまった。

    スピーカーについているコイルには電源トランスから230Vの高電圧がかかっておるのじゃが、危険があると分かっているのに調整に夢中で注意が散漫になってしまい感電してしまったのである。仰向けで転がりながらも、心臓の硬直は数秒で解けて普通に鼓動をしはじめたのを感じた。
    大丈夫、生きている。と思いつつ数分間その場で身体を沈め呼吸を整えてた。

    230Vと電圧は高めであったが、電流が100mA程度であったこと、感電が短時間だったこともあり、無事ですんだのじゃが、、、もし指が挟まって抜けなかったりしたらと思うと、ぞっとした。

    電気は身の回りに普通にあるもじのじゃが、十分安全を考えて仕組みや製品を供給しておるものである。
    赤ちゃんがACコードをかじるなど不測の事態が起きると即、死につながるものなので安全を意識して取り扱ってほしいのじゃ。

     

  • 無頼庵老師である。

    今週からこちらのブログも、老師言葉で書くことにしたのじゃ。
    丁寧語で書くのもイマイチ自分じゃないようでのう(笑)

    先日の日曜日に運転免許の更新に行ってきた。
    なにせ「さそり座の男」なもので、更新は11月なのじゃ(^◇^;)b

    東京都民かつ都の西側に住んでいるワシの日曜日で更新できる場所は府中試験場なのじゃ。この試験場、電車だけではたどり着けずJRの武蔵小金井駅か三鷹駅からバスに乗らなければならぬ。

    やたらとアクセスが悪いので。ホームページでの案内では、車はご遠慮くださいとあるのじゃが、けっこう広い駐車場もあるので車で行くことにしたのじゃ。

    日曜なので朝の人出はイマイチかなあと思い受付30分前に現地に着いた。
    なんと!、駐車場の入口には10台程度の渋滞ができているではないか!!。この列に並ぶと何がおきるか?、それは最初の免許更新が終わった人たちが出てくるまでの1時間以上は路上で駐車待ちである。

    午前中には再発行を終えたかったので仕方がない、すぐに近所のパーキングを探した。コインパーキングは武蔵小金井方向に300mぐらい行ったところに5台、200mぐらいの病院の裏手に何台かの駐車場がある。

    運よく道路沿いのコインパーキングに入れた、けれども値段は 1時間300円。。。(-_-;)

    会場までの待ち時間、講習、免許発行で3時間近くかかってしもうたので、駐車料金は900円。けっこう痛い出費である。

    たぶん、どこの運転免許試験場も同じようなことであろう。神奈川の二俣川試験場も行くのが面倒じゃったわい。日曜の運転免許更新は朝イチで更新して遊びに行こうと思う人が多いので、こんな対応策で臨むしかないのう。

    1)開場の45分前には試験場に行く(開場ぎりぎりだと近くのコインパーキングも一杯になりそうじゃ)
    2)朝イチを外して10時過ぎぐらいに行き、一日かける
    3)あきらめて公共交通機関で行く

    ああ、やっぱり3)の公共交通機関利用が一番正解かもね(^◇^;)

  • 前回に引き続き、使ったら便利だった換気扇フィルターのお話であります。

    前回は、コチラを御覧あれ。

     

    ワシが買ってきたのは、こちらのフィルター。使ったのはハサミとカッターです。

    下にあるのはレンジフード換気扇についている穴あきパネルであります。

    フィルター

     

    ハサミでだいたいの大きさに切り出します。フィルターで穴あきプレートを包みますので、パネルより2cmくらい大き目に切り出すのがポイント。

    切る

     

    お次はカットしたフィルターを貼っていきます。糊は細い線になって入っているだけなので一度貼ったら動かなくなるスマホのフィルムとは違って、かなり適当でも修正が簡単にできます。

    貼る

     

    うちのフード内プレートには取り外し用の取っ手が飛び出しているのでカッターで切れ目を入れて取っ手を出します。

    切り出す1 切り出す2

     

    あとは裏を折りたたんで…

    ふちを折る

     

    完成!

    完成

    あ、端っこを適当に折り曲げたので飛び出ているやん(^◇^;)
    性能にはほとんど関係ないから、良しとしておきましょう!ゞ(^-^;

    レンジフード型換気扇を使っている皆さん、次の大掃除のときにはお試しアレ!!

     

  • 無頼庵老師であります。

    台風襲来で天気の悪かった週末、外周りの仕事が出来ないので換気扇のフィルター交換をやってみました。

    我が家の換気扇はレンジフード型です。
    今までフードの大きさに伸縮できるアルミ枠に不織布(ふしょくふ)を張ったフィルターを使っていましたが、前回から試しに貼るタイプにしてみました。

    これが大正解!、換気扇の掃除時間が三分の一以下に短縮できました!
    ホント楽になりましたよ!!

     

    アルミ枠タイプだとフード内にある穴あきプレートの淵の穴部分に油が回って穴が塞がるため、穴あきプレートの掃除にとても時間がかかるのですが、貼るタイプのフィルターだとほとんどの油がフィルターに吸着されてプレートに回らないため、穴あきプレートの掃除が表面の油を洗い落とすだけになりました。
    今までだと歯ブラシで沢山の穴の一つ一つに詰まった油を丁寧に掻き出して洗い流さなければならなかったため、ものすごく手間がかかったのです。今回はその作業がなくなったのですから掃除の手間は雲泥の差です。

    とはいえ、何もかもが楽になるわけではありません、フィルター取替えには少々手間がかかります。
    ハサミとカッターでフィルターを切って穴あきプレートを包んでやる必要があります。

    しかし、手間といっても小学校の図工より簡単な加工ですのでプレート2枚分でも10分ぐらいでOK。

    では説明しましょう~

     

    おおっと、時間切れになっちゃった!、続きは写真付きで書いていくのでお楽しみにねっ(^^ゞ

  • 無頼庵老師であります。

    人生ウン十年で初めて財布を落としました。。。orz
    といっても小銭入れです。でも中身は1820円もあります。なぜかというと、小銭が少なかったり小銭入れだけで、ちょっとした買い物にいっても困ることがないよう千円札を畳んで入れていたから、この金額なわけです。

    コーヒーブレイクでマックによった際、座ったときに小銭れが重くてポケットの中で位置をなおしたの落とした原因だと思っています。中身は小銭で820円ほどと、サイドポケットの中に常備薬と畳んだ千円札、そして社員バッヂ…(T-T)
    金額も痛いけどバッヂはもっと痛いです、なんたって始末書モノですからね。

    なんで小銭入れに社員バッヂかって?!、いまクールビズでジャケットは着ません。でも。突然の来客や偉い人と会う必要がでたときには、急遽会社のロッカーにある置きジャケットを着てそのバッヂをつける訳です。会社の上着にバッヂをつけておかなかったのは、自宅から上着を着ていく場合もあるから。

    なくした気がついたときには自宅だったので、翌日落としたと思われるマックに行って事情を話し小銭入れが届いていないか確認したところ、やはり届いていないとのこと。マネージャーさんによれば、マックの遺失物はすべて警察に届けるようにしているので交番に行って確認して、遺失物届を出しておくよう勧められました。

    そんなこんなでの駅前交番へ。若いおまわりさんが対応してくれました。

    小銭入れを落としたと伝えると、小銭入れの特徴、、色や形、ブランドを細かく聞かれました。ワシが話した内容を受けて即座に遺失物の保管場所に電話してくれて、該当するようなものが届いていないか、確認してくれました。

    うおお、なんて手際がよくて素敵!、超頼りになる!!

    READ MORE