申請で困った

  • 無頼庵老師である。

    いよいよ5年に一度の国勢調査が始まったのう。TVや新聞で盛んに宣伝するようにしているように、今年からはネットでの回答がメインになっておる。

    実は5年前のときもネットでの調査回答が出来たのであるが、今のように大々的に宣伝しておったわけではない。ワシは原稿を書くついでに、PCからアクセスして調査に回答した。大変使いやすかったぞ。しかも修正しても途中まで記入したページのデータが消えることもなく使い勝手の対策も十分されているようじゃ。その使い心地などは他の方が詳しくレポートしておられると思うので、ワシはひねくれたジジイらしく変わったことをしてみた(笑)

    それは調査Web似たURLを打ち込んだらどうなるか?、というテストである(^◇^;)

    国勢調査オンライン窓口
    http://www.e-kokusei.go.jp

    おお go.jp、まさしく日本国政府運営のURLじゃのう。
    こういう申し込みURLであると、似たようなドメインもすべて取得して本来のwww.e-kokusei.go.jpに転送するというのがWeb運営のパターンである。

    早速試してみることにした。

    まずは
    http://www.kokusei.go.jp

    すると
    ERR_NAME_NOT_RESOLVED
    というネットワークエラーが出た。

    もしかして??と思い次の2つも試してみた。
    http://www.e-kokusei.jp
    http://www.kokusei.jp

    この2つのURLも同じエラーとなる。なぜ本アドレス以外エラーにしてしまうのか?、ワシの乏しい知識で想像するには、詐欺サイトに付け入る隙を与えないためではないかと思う。URL転送を行っていれば、それだけサイト攻撃者に攻撃先を提供するようなものじゃからのう。またアドレスを総務省で抑え出したら、例えばwww.e-kokusei.bizなんてところまで確保しなければならないので、go.jp以外はNG!としたほうがセキュリティ対策としては間違いなく確実となると思う。

    実はこの記事を書いている最中に気がついたのじゃが、Googleで「国勢調査 Web」などと検索しても、この窓口【http://www.e-kokusei.go.jp】にたどり着かないのである。しかし国勢調査用紙にはURLを書いてあるしQRコードも書いてある。オンラインから不要なアクセスをさせないための配慮であろう。かなりセキュリティを意識してサイト設計されていることがわかる。

    国勢調査は各世帯の住所、氏名、電話番号から職業に至るまで、クレジットカード以外の個人情報の塊となるのでセキュリティ対策は万全でなければならない。前回のネット解禁から今回の全面移行まで、担当者はさぞや苦労をされたことと想像する。

    しかし。
    ここまでサイトのセキュリティをしっかり対策しておきながら、いま世間で話題になっておるように手渡される封筒に封をしていないってのもおマヌケな話であるがのう(^^;

    ただ、もらったIDとパスワードでアクセス出来れば誰かが成り済ましで不正アクセスしておるわけではないので、記入後はパスワードを変えておけば大丈夫であると思う。次回は隅々まで行きとどいた対応をお願いしたいものじゃ。

     

     

  • 無頼庵老師であります。

    ついに住宅ローンを完済できましたぁ~\(^o^)/

    ああ、完済まで長かった(T-T)。
    ローンを返し終わって半月ほどたってから、銀行から保証会社と交わしていた抵当権設定契約証書と抹消通知(契約証書裏面に「抹消しました」と社印を押したもの)が送られてきました。

    法務局に行って抵当権抹消の手続きをするように、との書面が入っています。
    法務局?、抵当権抹消??
    この時点でけっこうあわてました、まったく縁のない役所だからなあ(^-^;

    住宅ローンを借りるとき、借り換えのときは金融機関が手数料を取って行ってくれている抵当権の設定や末梢、ローンが終わった時は「金の切れ目が縁の切れ目」とばかりに、借主に丸投げなのですねゞ(^-^;コラコラ

    ということで、抵当権抹消で書類を受取って早速困ってしまいました(笑)

    銀行が送ってきた案内書によれば、自分で法務局に行って抵当権を抹消する方法と司法書士などに依頼して、有料で抵当権抹消する方法があるとのこと。個人で行う場合は、Webを見て管轄の法務局に問い合わせしてくださいと書いてあります。

    抵当権を抹消しなくてもすぐに困ることはないのですが、、、
    相続や売買で所有者がかわるときに手続きが煩雑になること、銀行から送ってきた手続きの委任状に付属する会社の証明書の有効期限が発行後3ヶ月以内なので早めに手続きしないと保証会社の書類まで取り直しとなるのでさらに大変になります。

    Googleで検索してみると、司法書士に依頼する場合はだいたい1万円~3千円程度が相場のようです。もったいないので自分で抹消する方法を検索してみました。
    検索上位のWebを見てみると、司法書士などもともと詳しい方々が説明されているようで、残念ながらワシのような素人にはとてもわかりにくい。。。

    ということで、素人が素人のために書いてみようと思い立った訳です(笑)

    READ MORE