その他いろいろ

  • 無頼庵老師である。

    後先考えないワシは、何の準備もなくiPhoneのOSをiOS11に入れ替えてしまった(あせ)

    しかし。
    この行為は大変危険である(笑)
    もっと冷静に準備してからアップデートしないと悲劇がおきるのじゃ。今回の悲劇(^^;、それはアクセスできなくなった32bitアプリ達である。iOS11では32bitアプリが開けなくなってしまう。今までのiOSではアプリ内でファイルを管理しているため、アプリが動かなくなったらアプリ内で作成して保存しているデータにアクセスできなくなってしまう。

    このアップデートで一番困ったのは「Sheet2」というアプリで作成、運用、管理していた、excelファイル類じゃ。幾つかのアプリからはデータ移行ができなくなるのでiOSアップデート前に、64bit対応アプリにデータを移し替えるようアラートが来て問題は起こらなかった。しかしSheet2のようにiOS11対応をしないアプリの場合何も案内が来ないので、アップデートしたあと真っ青になることに(^^;

    作っていたexcelファイルは定期的にPCにコピーしていたので過去データは大丈夫だったのじゃが、いま書き込んでいる最中の小遣い帳と、家計費や医療費の立替え金をまとめたデータにアクセスできなくなったのには、困ってしまった。なにせ立替分が2万円以上になっておったからのう(^^;

    いろいと調べ回ってみるとiTunesでデータを取り出すことが出来そうだとわかった。

    さあ、iPhoneをPCに繋いでみよう。今回はMacに繋いでおるのじゃ。

    ワシの愛機はいまだiPhone5sである(^^;
    左のリストの中にある【ファイル共有】というのをクリックしてみよう!

    右のウインドウの左側にAppのリストが現れた。おぅ、Sheet2があるやん!、アイコンをクリックしてみると…

    やったー!ファイルが見えるようになったぁ〜!!
    あとはドラッグ&ドロップでデスクトップやフォルダに目的のファイルをコピーすればオッケーヽ(^o^)丿
    ファイルの中身を確認して、無事に家計費との精算ができあのである(笑)

    これ、アプリ内にデータを保存しているタイプのアプリに対して有効な技なので、ゲームなどの引継ぎIDを事前に取って置かなければならないものでは対処できないのでご注意を。

  • 無頼庵老師である。

    2013年から愛用しておるiPhone5S、だいぶ動作が重くなってきた。電池交換に行った修理屋さんからも、5SはiOS10になってから、消費電力が大きくなっているようなので一度OSをクリーンインストールしたほうが電池の持ちもよくなると言われておったので、OSの再インストールをすることにしたのじゃ。

    あちこちのブログを見ると、割と簡単に再インストールできると書いてある。
    ワシはiPhoneに保管してある写真や書類のデータが多いので母艦のWindows PCのiTunesにデータバックアップして再インストールすることにした。

    しかし。
    本当に大変なのは再インストール完了後なのである。それはなぜか?

    ほぼすべてのアプリサービスのユーザー登録情報が飛んでしまうから!

    iOS再インストールの前に絶対やっておくべきこと

    1.App Store のID/Pass確認
    2.ゲームのスマホ移行情報の確認と書き出し
    3.家のWi-Fi接続情報の書き出し

    そして各サービス、例えばGoogleやYahoo!のID/Pass word確認も忘れずに
    それを全部紙に書き出しておくのがベストじゃ。

    さらに。
    ゲームを楽しんでいる良い子たちは、念のために機種変更と同じ手順を踏んでおいたほうが無難じゃ。こちらも飛んでしまったらやっと強くした自分のキャラが電脳浄土に召されてしまうことになるからのう。

    今回、実は一番困ったのが家のWi-Fiのパスワード。Wi-Fiのパスワードはハックされにくいようにテキストではなく写真=JPEGデータとしてクラウドに保管していた。そのクラウドにつなぐのにWi-Fiのパスワードが必要だったのである(^^;
    大慌てで探しまくること5分、机の引き出しの奥からパスワードを書いた大元のメモが現れ、なんとかその場をしのげたのじゃ(笑)
    そんななか、無印良品のパスポートのパスワードがわからなくなって新規登録し直す羽目になってしもうた(^^;

    iOSの再インストールは十分な準備をしてからにしましょうぞ!

  • 無頼庵老師である。

    いま面倒を見ている湯河原の実家、イノシシに荒らされて困っておる。

    回りにミカン畑はあるけど一応住宅地じゃ。山に直結しているミカン畑は被害が大きそうで大変じやろう。

    そんな風に思いながら実家近所のホームセンターに出掛けた。その時目にとまった商品がコレ

    うわー!
    トムとジェリーで見かけた、あのネズミ取りじゃっ!!
    ジジイのワシも現物を見るのは初めて(^ ^ゞ。まさしくトラッドな姿じゃ。福生の一軒家に住んでいる時ネズミに困っていたので、その時手に入れられたなら買っておったわい。

    その下にも何かあるのう。

    おおっ、現実にあるんだ、こーゆーワナ。

    使うところを想像すると…どっちも痛そう(>_<)。とはいえ、色々な被害が出たらワナを仕掛けるのも致し方ないのう。 湯河原って結構ワイルドな環境になってたのね(^^;  

  • 無頼庵老師である。

    先日、都心で電車に乗って手持ちのポケットWi-FiにMacをつなごうと思ったら、、、

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88

    なんじゃ、この基地局の多さは(笑)
    実は1画面に収まりきっておらず、さらにスクロールできる数なのじゃ。
    都会の人間は電磁波を浴びすぎかも(^^;

  • 無頼庵老師である。

    この前のお盆休みの時に我が家の軽自動車ピノの車検を取った。
    車検証や前面ガラスに貼るシールはお役所がお休みで発行できないため後日車検工場に取りに行くことに。

    車検証を受け取りにいったとき、
    「車検証のシール、ご自分で貼りますか?、少し待って頂ければカーピットで貼りますけど。」
    「おお、自分で貼りますっ!」
    ここで体験しなければ一生やることなさそうな車検証シール貼り!(大袈裟だなあ(^^;)
    自分でやってみるしかないじゃろう!

    受付で車検証とシールを受け取って駐車場へ。
    早速貼ってみよう!、、、ってシールの形が想像と違うのう。
    貼るシールは1枚なのに2枚になっておる。
    syaken01

    こりゃどうしたもんじゃのう??
    悩んだら取説を読むべし!、台紙の裏側に説明書があるので読んでみると、、、シールの上にシールを貼るとのこと!!

    言葉だと分かりにくいので、写真を御覧あれ。
    左側の台紙を折り曲げて半分剥がす。
    syaken02

    そして台紙をZ型に折り曲げる。
    syaken03

    シールにシールを貼り付けて準備完了!!
    syaken05

    車検証シールをフロントウインドウに貼り付けておしまい。
    syaken06

    いやーすごい、長年の工夫が積み重なっておるのがよく分かる。日本って匠の国なんじゃねぇ(^-^)

  • 無頼庵老師である。

    モヤさまなどでこんな店があることを知った。

    アロマフレッシュ:コーヒー焙煎販売
    こちらの店主の安藤さんはなんと104歳!

    詳しくは、『亀の知恵』さんのブログをご覧ください。
    104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。 http://kamenochie.com/2520.html

    なんちゅーバイタリティ!、85歳の時にこの店を開いたというのであるからすごい。戦後生まれのワシなぞハナタレである。安藤さんを見習わなければ!!

    うちのチビが彼氏の住む西荻によく行くので、コーヒー豆を買ってきてもらうことにした。フェアトレードで無農薬、しかもマサイ族の地から直接買い付けているということなら、そりゃぁ~買ってみるしなないのう。

    ということで買ってきてもらったのじゃが、店主の安藤さんが入院中のため焙煎したコーヒーがなく生豆なら1kg単位で売ってくれるとのことで購入してきてもらった。豆はモカ、そして値段は驚きの1kgで2000円! えー、焙煎ありなしがあるといってもワシ達が買う価格はだいたい100gで500円と比べても半分以下というリーズナブルさである。

    どんな味になのか、大変気になる。コーヒー豆も生のままだと1年くらい持つということなので、一部だけ焙煎してみることにした。焙煎はフライパンで簡単にできるというので早速挑戦じゃ。

    これが生のコーヒー豆じゃ。
    焙煎1

    なんとなく灰色がかった緑をしておる。

    これを炒り始めると突然緑が鮮やかになり始める。
    焙煎2

    しばらく炒っていると、豆がだんだんとコーヒー色に。
    焙煎3

    実はここで大きな問題に気が付いた。
    コーヒー豆は断面が背中が丸くおなかが平らの半円に近い形をしておる。そのためフライパンでの焙煎では平らなところから焦げだして丸い背中がなかなか茶色くならないのである(^^;

    さらに困ったことが起こる。
    焙煎が進むなんと薄皮が剥け始めるのじゃ。豆をチャーハンのように鍋を使ってかき混ぜておるため、ガス台の回りに大量の皮が舞い始めた(大汗)

    仕方がないので途中で火を止め、庭に出てフライパンをフーフーして皮を飛ばした。うちは庭があったのでご近所迷惑が少ないけど、アパートやマンションだったら大変じゃわい。
    自分で焙煎する方は、焙煎するときに掃除機を用意することをお勧めします(^^;

    炒り始めて20分近く。
    かなーりコーヒー色になってきた。
    焙煎4

    念のために手元に買ってきた焙煎済みの豆と見比べたのじゃが、実はこれでもまだ色が浅い。

    そして焙煎を始めてから30分。
    焙煎5

    ようやく見本にしたコーヒー豆と同じような色に。
    実はよく見るとまだ焙煎ムラがあって、豆によっては色が不十分であったりしております(^^ゞ

    いやー焙煎もそうそう簡単ではなかったですのう(あせあせ)

    そして。
    そのお味は、、、酸味が効いていて、いかにもモカらしい風味。焙煎したてなので香りも風味もとても良かったですぞ。

    さらに意外だったのが焙煎すると豆のカサが1~2割くらい増えること。保管用の瓶1杯分を焙煎したのじゃが、焙煎が終わって瓶に仕舞おうとすると豆が余っちゃったのじゃ。その場で飲もうと思っていた分量じゃったので、すぐ使っちゃったけど焙煎したあと保存容器に入れておこうと思っている方は是非ご注意を。

    #「アロマフレッシュ」の安藤久蔵さんが退院されて元気に仕事を再開してくれることを心から願っております!

  • 無頼庵老師である。
    朝のJR新宿駅南口の隠れた名物として『開脚おじさん』なる人物がおる。

    はい、こちらがその後ろ姿。
    うでぐみおじさん

    新宿駅南口では8時前に出没することが多い。

    ワシはその上半身に注目して「腕組みおじさん」と呼んでおったが、世間の多くの人たちは、『開脚おじさん』と呼んでおるので、ワシもそれに倣うことにした。そのほかにも、仁王立ちおじさん、コマネチおじさん、とも呼ばれておるようじゃ。

    この方は何をしているのか?。
    新宿駅の改札に向かって、この姿のままジーっと動かないのである。通勤時間帯なのでチラリと見かけたあとその場を去ってしまうので、何時から、何時間ぐらい、ポーズは途中で変えるのか、いつ止めて立ち去るのか、大変謎の多い方である。もちろんその目的は誰も知らない(^^;

    開脚おじさん情報をNAVERでまとめてくれている方もいらっしゃる。
    まるでマトリックス!新宿南口に出没中の開脚おじさんって!?http://matome.naver.jp/odai/2137707014405789501

    そしてそして。
    この記事を書くためにググってみたところ、開脚おじさんはなんと!渋谷のセンター街にも出没しておったのである!

    写真: 1渋谷センター街 開脚おじさん02http://photozou.jp/photo/show/763371/77509194

    おいおい、みんな真正面から写真撮りすぎじゃないの?
    しかし、どこでもこのポーズ。安定した品質を誇っておるのう(^◇^;)

    開脚おじさんのこの行動、きっと新手の座禅のような修行に違いない!?

    追記:なんと新宿駅南口で夜の7時半ごろにも遭遇!、出勤時と帰宅時、1日2回の修行をしているのかも?!

     

  • 無頼庵老師である。
    15年末、待望の新デスクトップPCがやってきた。年賀状制作が一段落したあとでセットアップを始めた。

    モデルはHPのEliteDesk 800G1というモデル。法人向けPCなのじゃが年末の目玉商品として店頭販売されていたのじゃ。
    HP_PC

    CPUがCore i5、メモリは8GB、HDDは1TBと充実の装備で、なんと6万円ほど!
    ネットでの評判は通常のATX PCではないので改造を考えると厳しいということであったが、ワシはPhotoSHOPで写真の加工をするのと、モバイルPC達の母艦としてデータを保管するファイルサーバに使うくらいなので、この格安モデルにしてみたのじゃ。

    3D表示ビシビシだったり、ビデオ編集までしたい方は最低でも10万円くらいのPCを買いましょう!

    さて、母艦として使うのならハードディスク(HDD)を増強しないとのう。壊れた古いデスクトップで使っていたデータ保管専用の3.5インチHDDを入れるために本体をオープン!
    PC_nakami

    中を見て。
    お得な値段設定なだけあって、電源は大きくないのう(^^;

    実は1つの懸念点があった。
    販売店のお兄さんに、増設するHDDを止めるには特殊なネジが必要と言われておったのじゃ。写真左側の金属フレーム部分にHDDをセットするのである。そのネジをどう調達するか考えつつ中身を眺めていると。。。

    あれ?金属フレームに変なネジが付いているぞ!?
    SP_neji

    こ、これは!
    お兄さんの言っていた特殊ネジやん\(^o^)/
    おお~~~!HPさん、こんなところに4本用意してくれているなんて至れり尽くせりでありますなあ。

    しか~し!!
    ここから先、自分でHDD増設を行うとなると本体保証が受けられなくなるのであります。よい子はマネしないように。覚悟のあるヤンチャな子は、どーぞ参考にして下され(笑)。

    入れたいHDDは3.5インチ2基、SATAのコネクタは2基分用意されておるが、ドックの空間は3.5インチ用が1基分しかない。その下に2.5インチ用の狭い追加スペースがあったので、身の回りを探してみると1TBの2.5インチHDDがあるではないか。これ、愛用の古いVAIOノートのHDDと換装しようと思って買ったらうまく動作しないため入れ替えられられずに、そのまま仕舞われていたもの。さっそくこの2.5インチHDDを入れることにした。

    じゃが、HDDをドックに固定するためのネジはHDD1台分の4本しかない。仕方がないので、3.5インチHDD2台から1本ずつネジを拝借して2.5インチをドックに入れることに。全HDDの固定が少々不安定になるわけじゃが、デスクトップPCは持ち運ぶわけではないので、ソコソコ固定されていればよいということで、大目に見て実装してみた ゞ(^-^;
    3TB_HDD

    HDD3基で使用スタート!
    そのHDD容量はなんと3TB(テラバイト)。ひと昔前じゃ超高価なファイルサーバの容量じゃ。20年前にMac用サーバに1GBのHDDを買うのに30万円かかったのを思うと3000倍が10分の1で買えちゃうのだから、夢のようである(^^;

    我が家のデータサーバとして長いお付き合いになることであろう。
    EliteDesk800だし、Made in Tokyoなのでエドハチちゃんと呼ぼうかのう ゞ(^-^;
    よろしくね、エドハチちゃん!!

     

  • 無頼庵老師である。

    この土日にようやくスター・ウォーズの新作を観に行った。
    作品の評価はほかのみなさんにお任せして、、ワシがとても気になったのは映画のエンドロールの最後に現れた『BAD ROBOT』である。

    子どもの落書きがそのまま立体になったような何ともいえないタッチのかわいいロボット、そのイラストの下に「BAD ROBOT」と書かれていた。気になってググってみると『悪いロボット」(笑)の正体がわかった。

    それは映像制作の会社であった。

    Wikipediaによれば、正しい名前はバッド・ロボット・プロダクションズ(Bad Robot Productions)。1998年に設立された映像制作会社でミッション・インポッシブルやスター・トレックを製作しておる。今回のスター・ウォーズ/フォースの覚醒もルーカスフィルムとの共同制作とのことじゃ。

    いよいよ興味がわいた『BAD ROBOT』、早速Webサイトに行ってみるとスター・ウォーズで見たグラフィックと『BAD ROBOT』のロゴがあるだけで、どこにも会社情報どころかリンクボタン一つない!
    懸命に画面を探すと隠しリンクがあったのじゃが、それはamazonなどのオンラインブックストアのリンクで「S」という本にたどり着くだけ。いったいどんな製作スタジオなのか全く謎のままじゃ(^^;

    その不思議なWebサイトはコチラ。
    http://www.badrobot.com/

    気になる方はおのWebサイトを一度御覧を!
    バッド・ロボットについて、なにか情報を御存知の方がいらっしゃったら、お教えくだされ!

     

  • 盲導犬体験記の続き、最終回である。

    その1はコチラ
    その2はコチラ

    会場を出て1ブロック先の交差点まで、ワンちゃんの案内のおかげで楽にたどり着けた。

    「さあ、いま来た歩道を戻っていきますよ。」

    ワンちゃんと来た歩道をUターンして歩き始めた。

    「歩道には割と大きなイチョウの並木があります。犬は左寄りをあるくようにしているんですが、そのイチョウの木々を上手によけて誘導してますよ。」

    難易度が高めの歩道なのだそうだが、なんのストレスもなくスタスタと歩ける。ワンちゃんのハーネス通りに歩くワシには、どこがすごいのかよく分からない(あせ)。

    気持よく歩いているとトレーナーさんから声がかかった。

    「ハーネスを持つ手がリラックスしてますよ、だいぶ慣れましたね!」

    ハーネスの感じと、足にそっと触れるワンちゃんの脇腹の毛の感覚でなんの不安もなく歩けていることに、改めて気がついた。これが盲導犬の与えてくれる安心感なのじゃろう。

    そうこうしているうちに再び自分の前を横切る車の音が近くなって来た。交差点が近いことを音で感じる。ワンちゃんが止まって交差点に来たことを知らせてくれる。

    そして盲導犬体験も概ね終了。再び一ツ橋ホール前の広場を通り、二重自動ドアを抜けブース近くに戻る。最後にすぐ横にある階段でワンちゃんの挙動を体験して全て終了。

    生まれて初めての大変貴重な体験ができた。
    トレーナーさんとワンちゃんにお礼を言って帰宅の途に。

    さて、先ほど歩いた歩道ってどんなんだろう?、難易度高めらしいけど、快適に歩けているしのう。。。

    帰りがけに現場を見に行ってビックリ!
    歩いたコース_

    次の盲導犬体験している方がおっかなびっくり歩きだしているのがワシがスタスタ歩いて帰ってきた歩道じゃ。

    けっこうな太さのイチョウが何の仕切りもなく歩道にニョキニョキ生えているではないか!
    もし、こんなところを目隠し白杖のみで歩いたとしたら、イチョウに衝突しまくることであろう。

    改めて盲導犬のものすごい能力に感心したのである。

    さて、最後のワシなりのまとめじゃ。

    ○盲導犬は貸し出されていること
    ○盲導犬は全盲だけでなく視覚障害者の皆さん全般に貸出しできること
    ○盲導犬は視覚障害者の安全を守るスペシャリスト
    ○盲導犬は行き先までの道案内をするわけではないこと
    ○でも視覚障害者にとって大きな安心と安全を運んでくれていること

    うむ、大変勉強になったわい。
    まさしく気が付いていないこと、知らないことを体験出来たのじゃ。
    これからも盲導犬や介助犬を支援していきたいと思わせてくれたワンちゃんとトレーナーさんに感謝!

    盲導犬について詳しいことは日本盲導犬協会のWebを御覧あれ。
    支援したいと思っている方も、是非協会までアクセスして下され!!

    日本盲導犬協会
    https://www.moudouken.net/